検索ワード入力
menu

2022 環太平洋大学 通信教育学部 D2002 日本国憲法 合格レポート 第二課題

  • 会員11,000円l非会員13,200円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数3,471
    ダウンロード数4
  • by tsu_shin_kyo_iku
内容説明 コメント(0件)

環太平洋大学・通信教育学部・D2002・日本国憲法の課題内容と解答です。総合成績Aをいただきました。短期で一発合格できます。

資料の原本内容

環太平洋大学 通信教育学部 
科目コード:D2002
科目名:日本国憲法
学習指導書2016、2017 
第二課題
【課題内容(問1)】
国会、内閣、裁判所の役割について説明しなさい。
ただし、各機関の役割について押さえることに留意してください。
【解答(問1)】
国会・内閣・裁判所は、基本的人権を保障するために、相互に監視し、権力の集中と乱用を防止する必要がある。これについて以下に述べる。
まず、国会について述べる。国会は、国民により選出される議員が民意を忠実に反映する機関であると同時に、全国民の福祉の実現を目指すべき議員に行動の自由を法的に保障することによって国家の意志を決定する機関であると位置づけられている。国会が国会の議決のみで憲法の例外を除く法律を制定する権能を持つことから、国会は唯一の立法機関であると定められている。また、国会は国権の最高機関であると定められており、立法権に加えて法律の議決、憲法改正の発議、条約の承認、財政の監督の権能を持つ。さらに、内閣に対して、内閣総理大臣の指名、内閣不信任案の提出、予算の発案の権能を持ち、裁判所に対して、裁判官の罷免を検討する弾劾裁判所..