検索ワード入力
menu

聖徳 通信 心理学研究法 第3課題 評価A 合格レポート

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数1,641
    ダウンロード数12
  • by まさママ
内容説明 コメント(0件)

【評価】A (合格レポート)

文末に参考文献を記載してあります。

(書名、著者・編者名、出版社名、発行年月日全て詳しく記載)

課題名:
「調査法」「観察法」「検査法」「面接法」の中から一つを選び、他の3つの研究方法と比較しながら、その長所と短所を解説しなさい。

→ 調査法を選択。

資料の原本内容

第3課題 第1設題
 このレポートでは、「調査法」を選び、他の3つの研究方法と比較しながら、その長所と短所を解説する。
 まずはじめに、「調査法」とは、人間の意識や行動に関するデータを、回答者の自己報告により組織的に収集する方法であり、①データ、②組織的、③自己報告、という3つの重要なポイントが考えられる。
 ①データとは、「人間の意識や行動を経験的に考えるための手がかり」である。人間は意見分布を「正確に認知できる」とも「できない」とも考えることができるが、どちらの考えが現実に近いかは、実際に収集したデータを元に検討しなければわからない。そうした検討なしに、「できる・できない」と主張する議論があったとすると、「机上の空論」と言われても仕方のないことである。
 次に、②組織的とは、調査法では全ての調査員が同一の調査票を用いて、同じ手順で質問を行うため、おおよそのところでは、全調査対象者がすべての質問に同じ条件で回答した、と仮定することができる。また、そのことにより、割合にも一定の意味が生じる。こうした、全ての対象者ができるだけ同じ条件で回答できるよう、質問の形式や順序を統一することを「標..