検索ワード入力
menu

カントの哲学

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数8閲覧数3,313
    ダウンロード数7
  • by relax
内容説明 コメント(0件)

カントの哲学を、それに至る歴史とともに要約せよ。
イマヌエル・カント(Immanuel Kant)の哲学は批判哲学と呼ばれ、認識についての純粋理性批判、道徳・倫理の実践理性批判、美学の判断力批判からなる。認識・存在はイマヌエル・カントに至るまで全ての哲学者が述べ、合理論か経験論かという議論に二分していたが、イマヌエル・カントの合理論は独断論へ、経験論は懐疑論へと陥る危険性を学び、理性を批判的に考察し理性の可能性と限界を確定し二つの論理を統合した。

資料の原本内容

カントの哲学を、それに至る歴史とともに要約せよ。
イマヌエル・カント(Immanuel Kant)の哲学は批判哲学と呼ばれ、認識についての純粋理性批判、道徳・倫理の実践理性批判、美学の判断力批判からなる。認識・存在はイマヌエル・カントに至るまで全ての哲学者が述べ、合理論か経験論かという議論に二分していたが、イマヌエル・カントの合理論は独断論へ、経験論は懐疑論へと陥る危険性を学び、理性を批判的に考察し理性の可能性と限界を確定し二つの論理を統合した。
合理論では人間は生来理性を与えられ、基本的な観念・概念を持ち、演繹法により真理を探究する。知覚は不確実で錯誤の可能性があるとした。プラトン(Πλάτων)は洞窟の比喩を用い存在の認識を示した。人間が普段目にしている存在の認識は生成・変化するもので真の存在ではない。永遠不変な存在が真の存在とした。永遠不変な存在をイデアと呼び、存在の本質的で普遍的な定義とした。イデアが真実の認識の原理・原因であり全ての真理とし、イデアの認識こそが真の知識とした。ルネ・デカルト(René Descartes)は真理を求め、全てを疑う。思惟する自身は真実という自我の..