検索ワード入力
menu

【2017年度】S0611 数学概論 レポート 第一設題 A評価 佛教大学

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数11閲覧数5,390
    ダウンロード数77
  • by sister_judy
内容説明 コメント(0件)

S0611 数学概論の第一設題のレポートです。
A評価を頂きました。

教科書や参考文献を参考に、簡潔にまとめてあります。
レポート課題作成の参考にして頂けると幸いです。

※注意※
レポートの丸写しに対しては学則により厳しい処置がとられますので、あくまでも参考程度に留めて下さい。


【設題】
1.二つの平面が平行な関係にある場合と交線を持つ場合について説明し、続いてアルベルティの作図方法について図を含めて記しなさい。
2.関数の定義の歴史的変遷について記し、続いて微分と積分の関係について説明しなさい。
3.集合数と順序数について記し、続いて有理数の稠密性について説明しなさい。
4.確率の定義について整理して記し、続いて期待値について説明しなさい。
5.命題と命題でないものの違いを記し、続いて論理の合接、離接の意味と真理表をそれぞれ作成しなさい。

資料の原本内容

【設題】
1.二つの平面が平行な関係にある場合と交線を持つ場合について説明し、続いてアルベルティの作図方法について図を含めて記しなさい。
2.関数の定義の歴史的変遷について記し、続いて微分と積分の関係について説明しなさい。
3.集合数と順序数について記し、続いて有理数の稠密性について説明しなさい。
4.確率の定義について整理して記し、続いて期待値について説明しなさい。
5.命題と命題でないものの違いを記し、続いて論理の合接、離接の意味と真理表をそれぞれ作成しなさい。
1)
【二つの平面が平行な関係にある場合】
3つの異なる点によって平面を決定する事ができる。ここでは直線と点による平面の決定について注目してみる。異なる二線l、mが平行ない状態に置かれていると、そのときこの二直線を含む平面は1通りに決定する。平面をα、βとし、整理すると「平面αと平面βにおいて、両方に含まれる点がないとき、平面αと平面βは平行である。」ということがいえる。
【二つの平面が交線を持つ場合】
二つの平面が平行な関係にある場合と同様に考えてみる。交点を持つ場合は異なる二直線l、mが点Pで交わっており、このとき二..