検索ワード入力
menu

【日大通信】イギリス文学史Ⅱ 分冊1【A判定合格レポート】

  • 会員660円l非会員792円
  • Adobe® PDF
  • ページ数2閲覧数3,150
    ダウンロード数28
  • by CATEYE
内容説明 コメント(0件)

日大通信、イギリス文学史Ⅱ 分冊1のA判定合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。

<問題>
次の中から1問を選択し、番号に必ず○印をつけて答えなさい。
(問題番号1選択)ロマン主義時代とはどのような時代かを説明し、かつ代表的な詩人を5名挙げてその特質を説明しなさい。

<本文>
 ロマン主義とは、18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパ文化と芸術の運動であり、古典主義に対する思想運動であり、感情を神聖視し、自我を絶対視する自由独立の精神を持っている。この時代はいわゆる産業革命の時代でイギリス社会が大きく..

資料の原本内容

 ロマン主義とは、
18
世紀から
19
世紀にかけてのヨーロッパ文化と芸術の運動であり、
古典主義に対する思想運動であり、感情を神聖視し、自我を絶対視する自由独立の精神を
持っている。
 この時代はいわゆる産業革命の時代でイギリス社会が大きく変わった時であり人口は家
から工場や都会へ吸収された。また、それまではほとんど詩だけで表現されていた人間の
感情や世界観は詩だけではなく小説をによって表現されることも多くなった。
 ロマン主義は、文学的視点からすれば、古典主義への反動として生まれたものという事
ができるが、文学は元来、人間や社会を表現したものであるという側面からロマン主義
は、文学の単なる手法的語法的特徴であるだけでなく、広く哲学的思想的特徴でもあると
いう事もできる。
 
18
世紀の前半はホープに代表されるように古典主義の時代であったが、後半になると次
第にロマン主義が復興した。古典主義は良識や理性、均斉を重んじたのに対しロマン主義
は古典の重圧から解放された自由や自然、神秘の世界に憧れるものであった。イギリスで
は自然主義に根ざす自然文学が起こり、風景への興味を喚起した。絵..