検索ワード入力
menu

ヘンダーソンの理論概要

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数5,811
    ダウンロード数18
  • by mayuka244
内容説明 コメント(0件)

ヘンダーソンの理論家としての背景、影響を受けたものから、ヘンダーソンの看護理論をメタパラダイム(人間、環境、健康、看護)の視点でまとめています。

資料の原本内容

ヴァージニア・A・ヘンダーソン
1、理論家の背景
第一次世界大戦中、傷病兵の世話をしたいという気持ちからアメリカ陸軍看護学校に入学し学ぶ。
その学校の創立者であり初代校長であるアニー・ウォーバートン・グッドリッチは、学生たちに看護の役割が非常に重要であること、そして看護は一生かかって勉強するものだということを感じとらせ、ヘンダーソンはグッドリッチのことを師として尊敬するようになった。
グッドリッチはコロンビア大学、イェール大学の教授、学部長というキャリアを歩んでおり、ヘンダーソンも同じ道を辿っている。
ヘンダーソンは生理学者クロード・ベルナールの「内部環境の固定性」という考え方(のちに恒常性:..