検索ワード入力
menu

教育相談理論と方法3 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数1,523
    ダウンロード数8
  • by 明星・近大姫路・教員採用試験
内容説明 コメント(0件)

近大姫路大学 通信教育 のレポートです。
問題一覧は下記の通り。
課題3.カウンセリングにおける「共感」の治療的意義について述べなさい。
課題4.教育相談における心理アセスメントの必要性と専門家との連携について述べなさい。
課題5.幼稚園における教育相談の特徴について述べなさい。

私は、これで合格しています★

資料の原本内容

教育相談理論と方法3 課題 合格レポート 近大姫路大学 通信教育過程
課題3.カウンセリングにおける「共感」の治療的意義について述べなさい。
課題4.教育相談における心理アセスメントの必要性と専門家との連携について述べなさい。
課題5.幼稚園における教育相談の特徴について述べなさい。
課題3.カウンセリングにおける「共感」の治療的意義について述べなさい。
共感を一般的に定義するのであれば、相手の感情についての理解という側面と相手の感情の共有という側面を合わせているものといえる。そして、共感とは他者の感情を理解するとともに、その感情を分かち合うことと定義できる。共感が人間関係においてもつ意義について考えてみると、共感は相手とともにいるための様式であると言える。相手と対等な立場にたち、相手に関心を持ち、相手の経験に入り込み、経験を分かち合おうとする試みである。共感されるということは、自分のその時の気持ちが相手と共通性を持ち、妥当なもので、意義があり、価値あるものとして認められたことを意味している。このことは、特に子どもの成長において重要な役割を果たしている。人々が相互に共感し合うということ..