検索ワード入力
menu

佛教大学 S0104 教育方法学 第2設題 レポート 合格済!2012・2013年度版!!

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数6閲覧数2,644
    ダウンロード数54
  • by ちぇりる
内容説明 コメント(0件)

佛教大学 S0104 教育方法学 第2設題のレポートです!
(合格済!2012年、2013年度シラバス対応!!)

参考文献:2012年度シラバス 指定テキスト
       「新しい教育の方法と技術」 
       篠原正典・宮寺晃夫 編著 (ミネルヴァ書房)

設題:知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICT     の活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点    から具体的に説明せよ。
 
レポート作成の参考にどうぞ☆

*注意
2012年から酷似しているなどのレポートを判別できるシステムが新しく導入されたらしいので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さいね☆

ちぇりる

資料の原本内容

第2設題
知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
我が国では2000年前後以降から、子どもの学力低下が大きな問題となっている。
OECD(経済協力開発機構)が実施しているPISA(生徒の学習到達度調査)2003では、日本の生徒の読解力がOECD参加国の平均程度まで低下していることがわかった。
また2008年に43年ぶりに行われた「全国学力・学習状況調査」では、知識・技能を活用する思考力や論理力を問う問題では、学校や地域によって大きな差が見られた。
我が国のこのような学力低下について分析された結果、学力低下は「すべての」子どもたちにみられるわけではなく、「一部の」子どもたちの学力の低下が著しく、なかでも家庭環境に不利を抱える子どもたちの学力がとりわけ低下していたことが明らかになっている。
この学力の二極化と同時に、学習意欲までも格差が生じていることが、また大きな問題となっている。これは「学習意欲格差」といわれ、..