検索ワード入力
menu
「現代日本経済論」レジュメ

* 資料確認の場合テキストのみ見せる為正しく確認にはダウンロードをご利用してください。

「現代日本経済論」レジュメ
第2章「景気を読む」
1.「日本経済TODAY」と3.「統計を読む」は専門的過ぎるので割愛。
2.「歴史・理論を学ぶ」
戦後日本の景気循環(P.27図2-1も参照)
教科書P.50からの記述は明解でよい。今回は教科書に沿って進む。
・景気の山、谷:景気の上昇が頂点を迎え、下降に転ずる直前の月を「景気の山」と呼び、景気の悪化が最悪の点を迎え、上昇に転ずる直前の月を「景気の谷」と呼ぶ。
なお、最新の景気の谷(不景気の最終の月)は1999年4月ごろになる模様である。
特に重要な景気循環や用語について
・ 「特需景気」(朝鮮戦争ブーム)
 朝鮮戦争での米軍の需要を特需と呼ぶ。この特需により、終戦から不景気、インフレに悩んでいた日本経済が成長に向かう契機となった。
・ 「国際収支の天井」
 潜在成長力が大きくても、国際収支に余力がない(=輸出できる製品に国際競争力がなく、輸出が伸びない。そのため、輸入が少し増えると、すぐに貿易赤字等になってしまうこと)ことにより、実際の成長が潜在的成長よりも低く押さえられてしまうことをさす。
 国内で景気が良くなると消費も増え、それに伴って輸入も増える。ところが輸出は国内の景気が良くなったからといって伸びるものではない。すると、輸入が増えて、輸出は増えないとすると外貨準備高が減少する(物を買うために決算のために使われるドルを払いつづける一方で、輸出が多くないのでドルを受け取れないため。)。必需品まで入手できなくなると経済が混乱するので、そういう状況に至る前に景気引き締め策を取ることになる。日本が技術的に国際競争力をつけるまでは、輸出競争力は十分でなかったため、この「天井」が景気の拡大を終わらせてきた。この現象は昭和40年代のいざなぎ景気に至って初めて終わった。
・「いざなぎ景気」
 拡張期間57ヶ月という戦後最長の景気。この景気の過程で、日本が先進国並みの国際競争力を備えるに至った。輸出が伸びるようになったので、国際収支の天井という問題がはじめて解消された。
 むしろ、この景気の後期には、従来と異なり輸出が中心となって国内の景気を引っ張る形となった。これが、今日に至るまで続く貿易黒字問題の発端である。つまり、$1=\360という固定レートが、実際の日本経済の国際競争力と比較して、円安過ぎるという状況に至った。(国際競争力が過去と比較して高くなったので、従来と同じ円レートでは円安過ぎるようになったこと。例えば$1=\360では、円安過が景気を引き上げる効果が大きいかどうかは、この乗数効果が大きいかどうかで決定される。
 この乗数効果の大小を決めるのは、限界消費性向の大きさである。限界消費性向とは、ある人や企業等の所得が増加した時に、その所得の増加分のうち、消費の増大に当てられる部分の割合をいう。例えば、1万円収入が増えた時に7千円消費し、3千円貯蓄するならば、その人の限界消費性向は7000÷10000で0.7となる。(同時に限界貯蓄性向は3000÷10000で0.3となる。)
 簡単に言うと、公共投資をはじめとする政府の支出が、景気に大きな影響を与えるかどうかは、皆がどのくらいお金を使ってくれるかに左右される、ということである。
情報提供先 -> http://sun.s15.xrea.com/lecture/lec1205.html
ダウンロード ラインシェア EverNoteシェア